外壁塗装

外壁塗装の耐用年数や単価相場、業者の選び方について。

外壁塗装の塗り替え時期は?

   


外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装の塗り替え時期はいつが適切なのでしょうか。

一見すると外壁には大きな色あせや損傷もなく、本当に塗り替えが必要なのかさえわからないですよね。

 

目安の時期はいろいろとネットで検索をしてみると出てきますが、新築と既存の建物では異なります。

新築は約5年といわれており、既存の建物は約10年といわれていますね。

その理由については以下過去記事を参考にしてみてください。

過去記事:外壁塗装 時期

 

ですがこれらはあくまで目安の時期になり、前回の塗り替えの時期に使用している塗料によっても大きく異なってきます。

では外壁塗装の塗り替えの適切な時期はどうやって見分ければいいのでしょうか。

いくつか経験から塗り替えを見極めるポイントをご紹介させて下さい。

塗膜がはがれてきていないか

塗膜がこのようにはがれてきている場合、すでに塗膜が機能している状態ではありません。

外壁に直接紫外線や雨水があたっている状態で、このまま放置してしまうと外壁が水分を吸って膨張し(気温が高いと乾燥して縮小し)ひび割れが発生するようになります。

早めの外壁塗装工事が必要になりますね。

外壁にひび割れはないか

出典:kimuratosou.jp

屋根や外壁にひび割れがあるときは注意が必要です。

先ほどのようにすでに塗膜が機能しなくなって外壁が水分を吸収、放出を繰り返すことでひび割れに繋がっているかもしれません。

ひび割れはどうしても外壁には発生してしまうものなのですが、名刺などの角が入り込むぐらいのひび割れ(構造クラック)が発生している場合は要注意です。

内部に雨水などが浸透して放置をすれば雨漏りやシロアリ発生などにつながってきます。

チョーキング現象が起きていないか

外壁の塗膜を照れ触れるとこにょうに白い粉が付く場合、これはチョーキング現象が起きています。

塗膜が紫外線によってほかの物質に変えられたことでこのような白い粉になるのですが、塗装がすでに生きていない状況でやはり塗り替えが必要です。

家や住宅の北側はこうなりにくいのですが、西や南側が特にチョーキングを起こしているケースが多いです。

カビやコケが生えてきていないか

 

コケやカビが生えているということは、長時間外壁に水分が残っている、つまり塗膜が機能していないということになります。

このような場合もこれ以上水分の浸透を進めないためにも早めの外壁塗装が必要になります。

雨季の時期になる前に外壁塗装を終わらせておきたいですね。

優良外壁塗装業者の見つけ方

外壁塗装業者を見つける方法としてホームページやチラシ、タウンページなどがあります。

ですがこれら一軒一軒を見比べて相見積もりをとって比較するのはかなりの労力がかかります。

またこの外壁塗装業界は一日に約13件、年間約6000件もの被害相談がされており、中には悪徳業者に騙されてしまう被害者の方がいるのも事実です。

 

独自の厳しい基準を設けて、全国の優良業者のみと提携しているヌリカエというサービスがあります。

無料で地元の複数の優良業者から見積もりを取ってくれるサービスで、業者との電話やお断りも代行してくれます。

このヌリカエを通して依頼をされると、塗装業者はヌリカエにマージンをいくらか払っている仕組みになっています。

 

最近はこのようなサービスが増えてきていますが、塗り替えは専門知識を持ったコンシェルジュが一名担当してくれ、電話などの対応が早く非常に助かるのでお勧めです。

またどの業者も気に入らない場合は契約をしないですべてお断りももちろん可能です。

ぜひ優良業者探しに使ってみてください。

▼相場を無料でチェックしてみる▼
外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】
 

 - 外壁塗装 時期 , , ,