外壁塗装

外壁塗装の耐用年数や単価相場、業者の選び方について。

外壁塗装 色

   


外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装をする際に費用と同じぐらい気になるのが色ではないでしょうか。

選んだ色によっては家の外観がガラリと変わってしまうので、失敗しないように慎重に選ぶ必要があります。

また人気の色なども参考にしてみると、現在のトレンドが分かってきますね。

外壁塗装 色選び

外壁塗装の色選びでおすすめの方法を紹介します。

①ご近所と調和のとれている色にする

ご自宅の外壁塗装なのでついついご自宅のみに目が行きがちですが、本当に大成功の色選びはご近所ご一帯との調和がある色と言われています。

ご近所の色味に対して奇抜すぎる色は悪い意味で目立ってしまいますし、見る人は不快感や違和感を覚えます。

 

色味を決める際はまずはご近所をぐるりと回ってみてください。

できれば朝や昼、夕方と時間を変えてみてみると、太陽光の違いが分かり参考になると思います。

②実際に候補の色の建物を見に行く

ご自身の中で色の候補が決まっている場合は、その色で塗られた建物を実際に見に行ってみることが大切です。

実物を見ることで思っていた印象と違っているなどはっきりと分かるので参考になります。

 

業者の中には同じ色味で塗った建物を教えてくれる場合もあるので、訪ねてみるといいですね。

③色見本は大きめのサンプルを太陽光の下で

業者が自作している色見本や日本塗料工業会が毎年発行しているカラーサンプルを見る時は、照明器具の下ではなく太陽光の下で見るようにしてください。

照明器具の光と太陽光では色の見え方が大きく異なってきます。

 

またサンプルを見る際はできるだけ大きなものを用意してもらってください。

人間の目はサイズが狭い色を見た時に濃く見える錯覚があります。

大きめのサイズのサンプルを業者が用意してくれないか確認してみてください。

④家の一部で試し塗りをする

より具体的にイメージをするために、可能でしたら家の一部で試し塗りを行ってみてください。

業者さんの中には断られることもありますが、その場合は②のように近くで同じ色で塗られている住宅がないかを聞いてみましょう。

外壁塗装 色 人気

株式会社アステックペイントジャパンの塗料出荷量データを参考にしてみると、2016~2017年前半で外壁と屋根の人気色TOP3は以下の通りです。

外壁塗装の色ランキング

1位:ブロークンホワイト(8091)

2位:ニュートラルホワイト(8092)

3位:クールホワイト(9010)

やはり外壁の色味で人気があるのはホワイト系の色になります。

外壁を重たくなく爽やかな印象で仕上げるホワイト系の色は飽きにくくとても根強い人気があります。

 

ですが真っ白は非常に汚れが目立つので、これらの色のように少しだけクリームがかった色を採用する方が多いですね。

真っ白は嫌だけどクリーム過ぎる色も嫌だという方が大多数を占めます。

屋根塗装の色ランキング

1位:トゥルーブラック(9119)

2位:キャビアブラウン(9114)

3位:カーボングレー(9111)

屋根色は外壁とは異なり暗めの色を選ぶ傾向にあります。

一位のトゥルーブラックはそのまま真っ黒な色味で家全体を締める印象になります。

ですが最近の傾向としてはカーボングレーなどやや薄めの色を採用するご家庭も増えてきていますね。

 

外壁塗装 色 失敗

 

ここではいくつか外壁塗装の色選びの失敗の事例を見ていきます。

外壁を真っ白にしたら汚れが目立ってしまった

外壁に白を選んでしまった事によって、汚れがすごく目立った失敗例です。

外気には排気ガスや砂ぼこりなどが含まれていますが、それが白い外壁にははっきりと汚れとして現れます。

また雨の跡や鳥の糞なども非常に目立つので、真っ白ではなくクリーム色が混ざったホワイト系の色をおすすめします。

 

ちなみに真っ黒も雨模様や汚れが目立つので注意が必要です。

クルマの色選びと同じですね。

青色の原色にしたら色あせが目立ってしまった

青色などはっきりとした原色を外壁や屋根に採用すると、色あせがものすごく目立ちます。

塗りたては鮮やかな色をしているのですが、数年経過すると原色は色あせがとても目立ちやすいんです。

外壁に淡い色を多くの人が採用するのはこのためですね。

二色分けのバランスが変

一階と二階の色を分けて塗る方もいますが、バランスが変だとおかしなことになってしまいます。

同系色か彩度が近い色を選ぶようにして、色が浮かないようにすることが重要です。

風水などを気にしすぎて色のバランスがちぐはぐになってしまうお客様などもいらっしゃいますので、ほどほどが一番だと思います。

外壁だけツヤツヤになってしまった

塗料を選ぶ際にツヤありのものを選ぶ方もいらっしゃいますが、屋根だけツヤ無しにして外壁だけツヤありにすると、屋根が古めかしく見えてしまうなどの可能性があります。

一部分だけツヤがないと浮いてしまうので、塗料選びの際に気を付けてください。

 - 外壁塗装 色 , ,