外壁塗装

外壁塗装の耐用年数や単価相場、業者の選び方について。

外壁塗装のデメリットは?

   


外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装 デメリット フッ素

外壁塗装には様々な塗料がありますが、それぞれメリットデメリットがあります。

いい部分だけを大きな声で言う業者が未だにいるのを見かけるので、今回は塗料によるデメリットに着目して書いていきたいと思います。

 

まずフッ素系塗料のデメリットとしては、費用が高くなる点が挙げられます。

一番普及しているシリコン系塗料が1800円/㎡なのに対してフッ素は3200円/㎡はしてきますが、これはまだまだ需要が少ないため量が出ないので費用が高額になってしまっています。

またフッ素系の塗料で重要なポイントが「艶なし」ができないという点です。

フッ素系塗料は親水性が特徴なのですが、そのためにはツヤの層が非常に重要になってくるので除去ができません。

そのためフッ素塗料では確実にツヤ感が出てしまうので、ツヤを求めていない方には不向きといえますね。

 

フッ素塗料はご存知の通り15年前後も耐用年数があり非常に質の高い塗料ですが、異常のような弱点もあります。

外壁塗装 デメリット 光触媒

続いて光触媒ですが、やはりまずは費用が高く3200円/㎡はしてしまいます。

また光触媒は雨水によって表面の汚れを流してくれる自浄作用が特徴なのですが、職人の塗り方が悪いとその効果をしっかりと発揮ができないというデメリットがあります。

光触媒はどこの業者でも扱えるわけではなくきちんと認定を受けた業者のみになるので、業者選定の際に気を付けてください。

優良業者のみと提携しているヌリカエなどを通して業者を探すといいと思います。

▼ご自宅の外壁塗装の相場を見てみる▼
外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】
 

また光触媒はその名の通り「光」に反応して性能を発揮するので、北側などの光に当たらない個所ではあまり効果を発揮しません。

ただ艶に関して言うと半艶程度のものもたくさん市場に出てきていますので、フッ素系塗料よりは艶感を抑えることができます。

外壁塗装 デメリット シリコン

シリコンはラジカルと並んで今一番市場に出回っている塗料です。

一番出荷量が多い塗料ですがその理由はコストパフォーマンスで、10年程度耐用年数があるにもかかわらず1,800円/㎡と安価な価格を実現しています。

 

ただしデメリットももちろん持っていてまずはひび割れになります。

シリコン系の塗料は時間の経過とともに塗膜が硬化していきますが、次第に建物のゆがみなどの動きに耐えられなくなりひび割れを起こしてしまいます。

建物は地震はもちろんのこと、湿気を吸う吐くを繰り返していると木材が微妙に膨張を収縮をくりかえします。

これによって塗膜に柔軟性がないとひび割れを発生させてしまうのですが、シリコン系の塗料はこういう面でまだまだ弱い塗料だといえます。

 

外壁塗装 デメリット ガイナ

最後はガイナになります。

ガイナはJAXAが開発したロケット用の塗料で、その技術を日進産業が住宅用塗料にしてできあがりました。

ガイナも非常に高品質で特に断熱ではほかの塗料には負けないのですが、デメリットがあります。

 

まずはツヤがないという点です。

フッ素塗料とは逆でガイナ塗料には艶を出すことができないので、塗っても新築のような綺麗な艶は出ません。

ツヤを求めている方には不向きな塗料といえます。

 

次に扱いづらさで、ガイナはボテッとした塗料で職人でも慣れていないと塗れません。

そのため必ず日進産業から認可を受けた業者に依頼をすることが重要です。

 

缶に入っている状態でも三か月程度しか持たない塗料なので、基本的には受注があってからの納品になります。

そのため工期に間に合わず泣く泣く別の塗料を選ぶ方もいます。

 - 外壁塗装 塗料 , ,