外壁塗装

外壁塗装の耐用年数や単価相場、業者の選び方について。

外壁塗装 訪問販売

   


外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装 訪問販売 トーク

外壁塗装の訪問販売によるトラブルが多発しています。

管理人も訪問営業に嫌な思いをしたことが何度かありますが、基本的には訪問営業は今は無視するようにしています。

事実この外壁塗装の業界は一日に約13~15件もの相談(年間6000件以上!)が独立行政法人国民センターにされており、多くのケースがこの訪問営業が絡んでいるといわれています。

 

 

「訪問営業」というだけでとても怪しいのに、どうしてこのように騙されてしまう件数があまりにも多いのでしょうか。

これには理由があってそのような悪徳業者がする営業トークにまんまとはめられてしまっているからなんですね。

 

その営業トークには様々な方法がありますが、よくあるのが「極端な値引き」か「不安をあおる」が代表的なトークの手口になります。

例えば「今ならキャンペーンでお値引きしますよ!」や「このエリアはモデル地区になっていて大幅値引き中です!」などの都合のいいことを言ってくることもあります。

または「今外壁塗装をしないと壁にひび割れが起きて莫大な費用がかかることになりますよ!」など不安を煽ってくるトークもあります。

 

業者の手口がわかって入れば恐いことはないので、もう少し具体的にその手法を見ていきましょう。

外壁塗装 訪問販売 手口

もうすぐ家が壊れてしまいますよ!

外壁の劣化が進んでいてこのままだと最悪家が倒壊する恐れがあるなど、恐怖心をあおってくる方法です。

よくある手口の一つですが、住宅やよほどのことがない限り倒壊することはまずありません。

大地震がこれから来るといわれている地域の場合、たいてい「大地震が来たら間違いなく大きな被害がでます」などと自然災害にかこつけて話してきます。

今ならキャンペーン中です!

このエリアはキャンペーン中で大幅値引きをちらつかせて契約を迫る方法です。

その場での契約を迫ってくるので絶対にサインをしてはいけません。

またモニター値引きだと言ってくる場合もありますが、実際の相場よりも高いことがほとんどです。

一括見積サービスを利用すると地元の優良業者複数社から見積もりを無料で入手でき相場がわかるので、使ってみてください。

▼ご自宅の外壁塗装の相場を見てみる▼
外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】
 

足場を無料にしますよ!

足場を無料にするのはよほど低い建物でない限り不可能です。

外壁塗装は家のがいへき全体の下地を整えて塗装をする必要がありますが、そのためにはどうしても足場がないと作業ができません。

この足場の費用が全体の10%程度の費用になり、これを無料にすることで業者の利益はほぼなくなり事業が続かなくなります。

 

そのため多くの悪徳業者は「足場の費用を無料にしますよ!」と言っておいて後から「思ったよりも下地がひどい状態で追加料金がかかってしまいます」などと理由をつけて結局相場以上の価格にしてきます。

それか足場の費用を下げた分手抜き工事をして費用を浮かせてきます。

本日中に契約していただければ100万円割引きします!

当日中の契約を迫る際のキラーワードとして「100万円値引き!」などがよく使われますが、もともとの見積もりを異常に高額にしているだけで、実際は100万円値引きしても相場より高くなります。

こういう悪徳業者に騙されないためにも先ほどのヌリカエのような一括見積サイトで、大体のご自宅の外壁塗装費用の相場を知っておくことがおすすめです。

外壁塗装 訪問販売 断り方

そもそもですが外壁塗装の訪問営業は相手にしないのが一番です。

外壁塗装にかかる費用は非常に高額で工務店や職人もギリギリでやっているところが多いですが、このような訪問営業は代行をどこかに依頼しているケースがほとんどです。

そうなるとその営業費用が高額になり、結局最終的には相場よりも高くなるケースがほとんどです。

玄関のドアさえも開けてはいけません

 

断り方としてははっきりと断ることがポイントになります。

「自分だけでは決められない」「主人が返ってこないと決められない」などは通用せず、「ではご主人がいる〇曜日に再び来ます」となります。

 

「不要です」「結構です」とはっきりと伝えることが何よりも大事。

ドアを開けていないのであればインターホンを切ってもいいです。

「お値引きしますよ」に対しては「別にうちは値引きしないでも払えるので」と言えば何も言えなくなります。

 

こんな悪徳業者に騙されてしまっては本当にもったいないので、強気で断るようにしましょうね!

 - 外壁塗装業者 , ,