外壁塗装

外壁塗装の耐用年数や単価相場、業者の選び方について。

外壁塗装の色あせは?

   


外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装 色あせにくい

外壁塗装で色あせにくいのは何色なのでしょうか。

色褪せは外壁塗装だけではなく衣服や車のボディのカラーでも起こる現象ですが、色あせのしにくさは色によって大きく異なります。

 

色あせしやすい色は赤や黄色、紫色がTOP3と言われています。

確かに年末の大掃除の際に衣服をたくさん捨てた時も、赤色や黄色は色あせているものが多い気がしますよね。

 

これは色そのものが持つ性質が原因となっています(目の錯覚ではないんです)。

赤や黄色、紫色などの原子は太陽光の紫外線などの刺激でバラバラになってしまい、色が褪せてみるようになります。

また風雨(特に酸性雨)などの影響でもともとの色の成分から変わってしまい、それが色あせの原因にもなるんです。

 

色そのもので色あせのしやすさが決まっているのであれば、色あせしにくい色を選ぶことで長期間鮮やかな色を維持することが出います^^

外壁塗装 色あせしない

ではどのような色が色あせしにくいのでしょうか。

それは黒や白、そして青色といわれており、まさに家の外壁塗装の色によく使われている色ですよね。

 

これらの色は酸性雨などによる化学変化に強く、かつ紫外線への耐久性も高いです。

そのためこれらの色の塗料を使うことで、長期間鮮やかな色を維持することができるようになります。

 

ただ外壁への塗り方が雑だと色褪せの時期はぐっと早くなります。

色褪せに強い色を選ぶことも重要ですが、ちゃんと腕のいい業者を選ぶことも大切になります。

腕のいい業者のみと提携している一括見積サービスを利用することで優良業者を探し出すことができるので、ぜひ使ってみてくださいね!

▼ヌリカエ公式サイトはこちら▼
外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】
 

黒や白、青などの色は色あせ自体はしにくいですが、いくつかデメリットもあるので紹介しておきます。

色褪せしない色はない

白や黒、青が決して色あせしないということはなく、10年などの歳月の中でやはり紫外線や雨の影響で色味が変わってきます。

必ずしも色味が変わらない色は存在せず、同じ条件かで色褪せするのが早いか遅いかという違いになります。

また黒などは光沢感がなくなると途端に古びた色に見えるなどの弱点もあるので、塗料を選ぶ際はツヤありで耐久性の高いものがいいといわれています。

汚れが目立ちやすい

車のボディの色と同じなのですが、黒や白は色あせに強くても汚れはとても目立ちやすいです。

雨の跡や塵などがつくと黒も白もとても目立つ安く、メンテナンスが必要になります。

 

そのため例えば白を選ぶのであれば真っ白にするのではなく、少し黄色みが買ったクリーム色を選ぶなどをすることで、汚れを少し目立ちにくくする工夫が必要です。

 

 

どうしても赤や黄色などの奇抜な塗料を選びたい!という方は、しっかりと品質の言い塗料を選び色あせがしにくいようにしてあげることをおすすめします。

 - 外壁塗装 色 , ,