外壁塗装

外壁塗装の耐用年数や単価相場、業者の選び方について。

外壁塗装の断熱塗料

   


外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

真夏の強い日差しで家の中の気温が暑い・・・

エアコン代もばかにならないし何とかならないの?

 

最近は断熱目的で外壁塗装時に塗料を選ぶ方も増えてきています。

日本ペイントや関西ペイント、そしてエスケー化研などの大手の塗料会社も断熱塗料の拡充を行っています。

 

ですが断熱塗料ってどこまでその効果があるのでしょうか?

断熱の付加価値のついた塗料は通常の塗料よりも高価なので、本当に体感できるぐらい断熱や遮熱効果があるのかは重要なポイントになります。

今日はこの断熱塗料について、あまり過剰な期待はしないほうがいいという点をお話しさせてください。

断熱塗料でエアコン代が安くなる?

最近では多くの塗料メーカーがこぞって断熱塗料を出してきています。

日本ペイントの「サーモアイ」やエスケー化研の「クールタイト」、そして一番有名なのが日進産業のガイナではないかと思います。

これらの塗料は確かに断熱の効果があるのは間違いないのですが、ただ最近極端に断熱効果をうたってお客さんに選ばせようとしている業者が多いような気がします。

 

「エアコン代が安くなりますよ!」

「体感温度がこんなにも違ってくるんですよ!」

などはよく聞きますし、さらにはサーモグラフィーの写真をどうだ!と提示してその断熱効果を謳う業者もいます(^^;)

 

ですが実際に家に住んでいる方が本当に断熱効果を感じれるかというと、実はほとんどのケースでそうではありません。

実際に室温を計測してみると多少は違ってくるのだと思いますが、現在のところ塗料でしっかりと断熱ができるものはないと思いますし少なくとも管理人は見たことがありません。

 

それはいくらあのガイナなどの優れている塗料にしても残念ながら同じです。

ネット上のヤフー知恵袋などで検索をしてみると、「断熱効果をほとんど感じなかった」と書かれている書き込みがあまりにも多いです。

 

これも業者と消費者の間でのギャップで管理人が一番危惧していることです。

売るときには誇張して表現をしているのですが、実が伴わないので諸費者としては「だまされたのかな・・・」と悲しい感想を持ってしまいます。

断熱塗料での断熱はあくまで「室温がちょっと改善する」ぐらいの感覚のほうがいいのでは思います。

本当に断熱を期待するなら断熱工事を

本気で住宅の断熱効果を高めようとする方は、断熱工事などのリフォームをしていますね^^

窓を二重にしたり断熱材を壁の内側に埋め込む工事などをすると、断熱塗料に比べて確実に暑い室温が改善してきます。

また外壁塗装時の塗料の色もできるだけ白に近いものを選ぶようにしていますが、これは光の反射の性質を利用してできるだけ熱が家の中に伝わらないように知る工夫ですね。

 

やはり断熱には本格的な断熱工事のほうが圧倒的に効果がありますし、高価な断熱塗料に投資をするのであれば断熱工事のほうがいいのではと思います^^

 

断熱リフォームや外壁塗装で腕の立つ地元の業者を紹介してくれるヌリカエなどを使って、無料で優良業者の見積もりを入手して比較検討をしてみてください。

▼相場を無料でチェックしてみる▼
外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】
 

 - 外壁塗装 塗料 , , ,